2020/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


 花粉症なのに山が大好きなぼくなんですが、今年の南アルプスやキャンプに必須なソーラーバッテリーなんですが
これと

これで

悩んでるけどやっぱり上のやつがバックパックの背中につけれるし良いかなぁ〜〜。

見た目は断然下の方がかっこいいんだけどなぁ〜〜。しかも性能も下の方が良いんだなぁ〜〜。

山にデジタルいらんやろぉ〜〜と思う方もいるけど山でのスマートフォンはすごく便利です。

しかもキャリアがDOCOMOならほとんどどこでも使えますからね〜〜〜。

都会を離れればソフトバンクはうんこっすからね〜〜〜。だからIphoneにしたいけど山や海によく行くおれは

乗り替えに躊躇してしまうんだなぁ〜。昨日新型Ipadに次世代高速通信のLTEが搭載されたみたいだし

LTEの世界ではドコモが有利みたいだからこの夏もしかして出るかもねぇ〜〜。前に友達にコレ言ってたら、

LTEって名前じゃないで〜〜グロッシーやろぉ〜〜と小馬鹿にされましたがLTEの事DOCOMOではXiというみたいっすね。

だからオレの情報の方がいつも正しいんだよwww多数決でいつも負けますがw

山でのスマートフォンはGPS代わりにもなるしツイッターにアップしとけばもし遭難した時でも昨日の何時までここにいたと

具体的な場所がわかれば生き残る確率はぐぅ〜〜〜んとアップしますからね。コレが大事っす。

まぁキャンプ地では夜パ〜〜〜リィ〜〜ナイトも出来ますしねwこっちかいぃ〜〜〜






 準備万端•ブジュバンタン

最近よく登山用品について聞かれる事が多いのでおれが愛用してるイカした奴を紹介しやっすw

まず登山初心者は何から揃えれば良いか??まずここっすねw

とりあえず靴からかな??アウターやザックは何かしらあるでしょ??でも登山靴はなかなか持ってないよね??

おれもこっから入ったもんwおれの初代はこいつthe north faceのGTX XCRシリーズっす


初富士山の前に買ったこいつです。

2代目はSCARPAのレトロなやつで、三代目がこいつ!!!

今期から本格的登山ブーツ登場のこいつJANNU GTXっす。

ぼく登山用品はthe north faceで揃えてるんです。the north faceの某店舗の男性スタッフは、

正直チャライやつばっかで全然だけど女性スタッフはなかなかっすねぇ〜〜w

おれの日帰りパックはこんな感じです!



ステッキは落としたら駄目だよwww




これだけあれば最高の登山になりますよw

この三脚はすごく良いよ!!!おすすめだね〜〜


こいつも必需品!!500mlの水を2分30秒で沸かしてくれます


ご飯セット!!




カップの中にはコーヒーや砂糖などを入れれる容器付

そしてこいつ!!

座椅子ですね。こういうツールはほんとに大事ですよ。あるなしでは雲泥の差っすね。

あと今回の旅にもう一個秘策あるけどまだ隠しとくわwww



 チューリッヒの名門工科大学ETHが創立150周年のプロジェクトの一環として構想から6年で完成した新しいスタイルの山小屋。


”モンテローザ・ヒュッテ”

標高2883mの所に建つ山小屋は周辺の名峰を攻める時に重要な場所にあってあのマッターホルンも(下の写真のとんがった山)見える絶景の場所に、




近未来的な装いのこの山小屋は最大120人収容とありますからなかなかのキャパですねw

しかも90%太陽光発電のエネルギーらしいので山にも負担が少ないだとか。。。

今一番行ってみたい所スイス!!!!山のスキルあげて近々行ってみたいね〜〜〜誰か一緒に行く人いない????

あくまで山小屋なので寝袋は持参で宿泊する形すけど、マッターホルンやブライトホルン、モンテローザなどの4000m級の名峰が

連なる感動的な絶景が楽しめるこのロケーションは魅力ですね。

ゴルナー氷河上の“プラッテPlattje”と呼ばれるポイントにあり、ゴルナーグラート鉄道のローテンボーデン駅から歩いて約2時間30 分、

冬季ならロープウェイのシュトックホルン駅から1時間30分。これは一度行ってみたいね。


 先週の土曜日は初めての単独登山しに吉野まで行ってきました。。。

一人で登るの初めてだったので準備万端で前の日にはきっちり寝て行こうと決めてたのに、

田中さんのおかげで全然ゆっくり出来ずでした。。。あのアホほんまに。。。。※注(パイセンですけどね)

まぁそのかわりしんぺいくんと初ダーヤマランドに行けたんだけどねw

ダーヤマランドはすごく素敵な内装でテンション上がりました!!みんなの最近の話も聞けて良かったよぉ。

二人ともすごくしっかりした人だなぁ〜ってこちらはすごく良いパイセン達ですぅ。w


結局朝方に山ちゃんの家を出て、堺に寄ってそこからノンストップで吉野駅に着きました。

一睡もせずに大峯奥駈道行くのはおれただ一人やろ思いながら駐車場で用意していざ出陣!!


荷物も20kgは余裕でありましたね。背負うと後ろにこけそうになりながら。これで山行けるかなぁ〜なんて不安になりました。。。。

とりあえず吉野の上千本から中千本、奥千本と上がって行きます。

奥に見えるの金剛山です。まだ同じ高さくらいですかね?




9時に歩きだしてから三時間ずっと歩きっぱなしでここら辺から誰にも会わずに一人黙々と獣道を

歩いて途中で何回もこの道あってるのか??さっきから誰とも会ってないぞ。と自分に自答しながらの登山。


この写真の右側の山のてっぺんを歩いてきたんですw


目印なんてのもほとんどなくて山を登っては降りてって感じで進んで行き、

降りたところと山頂にしか標識が建ってないのに今頃気付き始めたりwww

途中林道に出てしまって延々と続く道を歩きながら寝るという事まで取得できましたwww

吉野の山は紅葉がピークなのに山が貸し切りの状態に興奮してみたりw



一日目の避難小屋まで行くつもりが途中で暗くなってきたので少し引き返して林道との間の平地でテントを張ることにしました。

この判断が大事っすね。夕日が沈む前にテントを張り、通行止めの重しを借りてようやく完成!!
ここからの夕日が最高でした!



おなかは空いてなかったんで昨日徹夜明けだったので寝る事にしたら起きたら夜中の22時で星出てるかなぁ〜って

テントあけると意味わからんくらい寒いwwwしかも霧であんまり見えないねw


このランタンでは本読めないねwけちるんじゃなかったわ!重い本だったのになぁ〜。

さっきは疲れてたから即寝だったけど今度は外でカサカサってなるし鼻息が荒い動物にテントの周り囲まれるしw

今襲われても誰も助けに来ないなぁ〜なんて思ったら急に怖くなったり、

だってね、半径10km内に人がいてないような状況が生まれて初めてなのに気付いて興奮して寝れなかったっすw

山の上でも朝はやっぱりスタバのコーヒー飲んで
昨日読めなかった本を読んだりしてゆっくりしてこの時間好きやわぁと再確認したり、

マットを外に出して座禅組んで瞑想してみたり、ストレッチしてヨガで呼吸整えてから朝飯のカレーを作って

これがなかなかおいしかったんだよね〜〜。

朝飯食べたら昨日のロスした分を取り戻すために早めにテントたたんで荷物をバッキングして、


よし!!二日目は1400〜1600m級の山伝いなんで気合い入れて行きました!!


実際歩く所はこんな感じの山道です。あってるかどうかも分かんないでしょ??

昨夜泊ろうとしてた避難小屋も案外近かったりwしかも噂通りむっさきれいしねw


小屋に荷物を置いて古道を外して水を汲みに行くことにしました。ここのお助け水が有名でして

水分補給してから一気に大天井ヶ岳まで駆け上がりました。この時点で13時ジャスト!!

ここで昼食を取っていたら遠くから鈴の音がして振り返ると12時間ぶりの人間に会いました!!

超テンション上がってしまって話かけるとぼくが降りようとしてたルートから今朝上がってきたみたいで、それもすごく安心しました。

1438mから一気に1150mまで降りて




そこから三上ヶ岳の入口の五番関の女人結界の鳥居の所から洞川に降りて無事下山しました。

計画通りばっちりの場所です!!!次はここから山上ヶ岳行きます!!

大天井ヶ岳の山頂で出会った人から洞川から降りたところの母公堂という所でお菓子とコーヒー出してくれると聞いてたんで

少し寄ると同じテーブルの人とそこのおじさんとで話しているとお代は旅話聞ける事なのでとお金を取りません。

ここからバスと電車で吉野まで戻ろうとしてると話してたおじさんが「兄ちゃん吉野まで送ったるわ」と天の声

足の豆がつぶれてワヤになってたんで甘える事にしました。やっぱり俺の旅の運は神がかっていますwww

今回の旅は一人の時間がすべてで、自分の責任で行動しなくちゃいけないし泣き言も通用しないシビアな世界だなぁ〜って

すごく実感した旅になりました。その自己責任の世界の中でも行く前から最後までいろんな人の世話になり、おかげ様で最高の旅になりました。

これからも困ってる人には当たり前のように手を差し伸べれる人間でいたいなぁっと心から思えるようになりましたとさ。。。。

少しは心が洗われたかなぁ〜〜。








 昨日はしんぺいくんとおかもっちゃん、こうちゃんの4人パーティーで徳島県の剣山に行ってきました!

行く前から色々調べて天気予報見ても高知だけ晴れと言う事で大雨降りしきる中出発したんですが、、、

てっきり剣山は高知だと思ってたけど徳島なんすね。。。。。みんなごめんwww大しけですやんwww昨日太陽見たのは30秒だけでしたww

だいたいこの4人で行くことが多くなりそうですけどリーダーは頼りないですw勘違いは段違いww

紅葉も良い具合に始まってるんだけど少しの間、太陽に照らされた木々が黄金に輝いてました。



きれいっすね。もっと見たかったな。

一瞬太陽が照った瞬間です。こう見ると天気が良い日にもっかい行きたいけど道のりが遠すぎるな。

片道4時間っすからねw計画は十分にしないと楽しみが半減することがわかりました。

まぁ良い経験は出来ましたけど、なんせ寒かったし冷たかったな。

ずっとガスかかってたもんね。ガスってのは水蒸気なんですね。ずっとミストみたいなの浴びながらの登山っす。






420ということで小休止、新しく購入したこいつで記念撮影


みなさん山って剣山(つるぎさん)のように山を「さん」と呼ぶのと霧島山(きりしまやま)「やま」って呼ぶの違いがあるの知ってる??

山を「さん」って呼ぶのは神々の山や信仰の対象の山なんでパワーがすんごいっすよね。

うまく説明できないけど山の力ってすごいなぁといつも思います。水の原点があったりあんだけの木が放つ気は(しゃれちゃうよw)

並みならぬ威力があるのは間違いないっす。

ここは1枚岩と言うか至るとこに数m級の岩があってガスの影響(水蒸気)で苔がまとわりついて凄い迫力があります。






大きいのは10mほどのもあったな。上の写真のこの岩が剣山のいわれの岩だそうですw通りすがりのおっちゃんが言ってましたw

ガスと言うよりも雲の中を歩いてる感じだったので水蒸気が半端ないですw




途中寄り道もしながら何とか山頂まで行けました!!!視界わっるぅ〜〜〜


ド定番のこいつをパシャリ

百名山3つ目クリアっす!死ぬまでにどのくらい登れるのかなぁ〜〜ひそかな夢なんですよね。

ちなみに参考までに晴れたらこんな感じです。はぁ〜見たかったなぁ〜


山も生きてるんで調子良い時と悪い時もあるんだって。お邪魔さしてもらってるんだから文句は言えないねwでも次来る時は良い景色頼みますぜ!!

山頂では定番の山頂カレ〜とドライ。


休憩の時にこうちゃんが淹れてくれるコーヒーが一番うまいんやぁ〜〜〜こうちゃんいつもあざっす〜〜

チルタイムはおまかせが間違いniceいつも小さいジップロックに豆を砕いて持って来てくれるんすw






侍が休んだ場所で俺たちもスティック立ててみたりw

次はどこ行きます???













 昨日は朝から天気が良くて京都の秘境に行こうと思ってたけど相方がなかなか起きずで出たのは昼過ぎw

あやうく一人旅になる所でしたw

今回の目的の場所はがけ崩れなどで行けなかったんですが行く途中に休める所があったのでそこでちょい遅い昼飯にすることにしました。




クッカー初めて使ったけど火力が良い感じに強いっすね〜〜。

これならパスタとかも出来ちゃうね〜次回はパスタに挑戦します!!!

今回はエビ天月見カスうどんというデーブメニュ〜ですw仕上がりもこんな感じっす!!!



淡路屋のうどんは最強っすねwハートフル天美ビゴッ!!

自然は良いなぁ〜〜滝の音が心地よい〜〜普段忙しく働いてた僕はこれが元気の源っすね〜





飯の後はやっぱりコーヒーでしょ??



ぼくが使ってるコーヒーカップはこれっす


FLEJ TRAIL CUPなかなか優れモノなんです!!底の部分をスコスコ押すとうまく撹拌されて、

粉が下に残らないんです!!アウトドアに出かけるとティースプーンなんか持って行かないもんねw

これからの季節大活躍しますね〜〜あとこれもセットであるとかなり便利っすよ!


砂糖やミルクにコーンスープなんかも持って行けちゃう!!人目盛りが5mlなんで丁度一人分が30杯分もw


やっぱり靴ひも変えたら良い感じっすw基本大内ブルーっすからねwww

ぼくの被ってる帽子も栓抜きなんかついていて良いでしょ?w


オシャレして山に登ってうまいもの喰らう!!これがHighLife流登山の基本っすw

次は剣山攻めよかぁ〜〜〜




 先週末はこうちゃんとチル山に行き滞在15分ほどで次は滋賀県と福井県の県境の余語高原に行ってきました。

今回の目的はテント設営!!!

初めてテント組んだけどよく出来てるよね〜〜むっさ簡単っすね。

満点の星空の中キャンドルのみの光だけで十分でしたぁ〜。






朝にはマカデミアナッツコーヒーで一服も最高でしたぁ〜〜。

もうこれでいつでも組立てれるし料理の道具も人通り揃ったので次は四国の山キャンプしちゃいますかぁ〜〜〜??




 昨日はやっすん、しんぺいくんとしやくんの四人で金剛山に雪山登山してきました。

なにげに金剛山に登るんは初めてだったのと久々にみんなと遊びに出かけるのが楽しみでワクワクしてました。

としやくんとやっすんはほぼ初対面なのに何年か前からの友達みたいにワッショイな感じがおもしろかったっすw

登り始めて30秒でいきなりアイゼンが壊れるしwww

やっぱりおれは何か持ってますw神様が試練を与えてくれてます。おれだけ。。。。

登山口から登り始めた時やっすんがいきなり雑木林の中に足を向けた時はびっくりしましたが、w

道程は本当に厳しかったです。一歩間違えば大怪我か運悪かったら死ぬぐらいのほぼ崖でしたもん。


こんな道を3時間?くらい登らなあかんから足がつらかったっす。

でもでもでもこれっす。






滝が凍ってるんです。山頂がー6℃が続くと完全凍るらしいです。

滝が凍ることを氷瀑っていうみたいです。一粒一粒がはじけた瞬間に凍ったのがわかるのがすごく神秘的でした。

そしてド定番のこれ

自分スノーボードもまったくやらないんで雪山ほとんど初体験ですから。

中学のスキー合宿も部屋でプロレスしてた男が雪山っす。似合うっしょ?www

帰りは行きとまったくの逆でゆるやかの下り坂にロープウェイで下まで降りました。





最高っす。次はどこ攻めましょうかね??

としやくんブログにも載ってますヨン


 








昨日は朝からやっすんとしんぺいくんと三人で和歌山の熊野古道行ってきましたぁ。

基本Noプランのおれたちは登り始める順序を逆から登るという離れ業でやってのけましたwww

そのせいでずっと下りの山道のはずがずっと上り坂になってしまったし

途中二手に分かれてる展望台の道も距離が短い方を選んだら短い分すごく急になった坂を登ることになったり

あ〜楽な道選んだら良くない事が起きる事を身をもって感じました(笑)

暑過ぎたので昼飯はかき氷。

こっからは和歌山に住むU子ちゃんがきょうちゃんと来てくれて那智勝浦までU子ちゃんについて行きました。

運転うまいのは知ってたけど山道を飛ばしまくりwwwガーサス




釣り以外に初めて和歌山に行ったけど空の色、山の木の密度が多いのかすごく良いコントラストして色がすごく濃いぃような気がしました。

完全にリフレッシュできました。今回THE NOPLANのおれたちを見かねて熊野古道の本をわざわざ送ってくれたり、

温泉はいってる間にご飯屋さんまで予約してもらったりU子ちゃんがいてなかったらどうなってたか?www

最後に連れて行ってもらったご飯屋さんはここ最近行った店では確実にベスト3に入るドストライクな店でした。

特にコレ

アワビのバター焼きですがきゅうりとか野菜も炒めていてほんまにうまかったwwwしかも無茶安っ!!

店はココ!!!那智勝浦に行けばココっす。食べログで探してねん。



今日の一曲ここ最近で一番かっこいい!!!!!


 今日は車が納車という事でしんぺいくんとおかもっちゃんと奈良県大台ケ原に行ってきました。

なぜリベンジかというと先月行った時には始めの展望台で休憩しすぎてそのまま引き返してしまったので

今回は日の出も拝むという事でまだ暗いうちから懐中電灯片手に少し浮かれ気味で行ってきました。

登山客は他にもいましたがこの時間から登るのはおれらのみ。。。。。。

クマが出るかもしれないし野生のシカがいっぱい居てむっさ怖かったし,なんせ暗闇怖い(笑)

登り始めて小一時間で展望台到着あたりは霧で何も見えない。。。

まぁとりあえずコーヒータイムという事で湯を沸かし休息タイム。

ハワイのコーヒーうんまっ!!!ドリップ式のカップが役に立った(笑)

霧のせいで日の出が見えないまま夜が明けてきたら靄がかった空が一気に明けてきてこんな感じ

ここは野生のシカがすごく多くて木の皮を食べるのと酸性雨の問題で木が枯れて朽ちてる様が良く見ます。



なんとも言えない光景。根っこがむき出しになってる所に苔が生えていてもののけ姫に出てくる感じでした。

ハイキングコースに近いと思って舐めていたけど30歳過ぎのおっさんにはきつい。。

一発目に心が折れかけたのはこの階段。。。

登りは完全に心が折れました(笑)

はい。前はここまでしか来てなかったけど今回はその4倍ぐらいのロングコース。

次の目的地の大蛇へ向けてレッツラGO!!!!

途中、神武天皇のおちゃらけた像が立ってたり、自然の緑と風ががほんまに気持ちいい。






正直ここら辺までは元気でした。(笑)ここらあたりから膝に抱えた爆弾が再発してきてしんどかったぁ〜〜。

そして奈良から三重、和歌山の熊野古道とつながっているここ大台ケ原からの山々がつながって、

大蛇の腹の部分に見える事から付いた大蛇へと行きました。






断崖絶壁っす。怖いって気持ちより壮大で風がものすごく気持ちよかったぁ。

ここで男三人、人生を見つめなおしました(笑)なぁ〜〜むぅ〜〜〜

これでまた一つ大人になれると思います。。。

そしてそのままロングコースで駐車場の所まで行く途中に沢があって上に吊り橋が架かっていて

またしばし休憩タイムアゲイン。





約10km弱の登山ですが文字通り、山あり谷ありきちんと舗装されてるわけでもない道を一歩一歩進むだけなんですが

今までの歩いた人の軌跡をたどるように正解のない道を歩くわけで一本道のようでそうではない。

途中近道とかもあるかもしれないがそこを通るリスクのでかさ。なんか人生みたいっすね。

ふだん気づかない事を考えたり、小さい事で悩んでてもこの大自然を見たら全部ちっぽけに見えてくる。

それが登山の良い所。道ですれ違った人とのあいさつ。笑顔での会話。助け合い。

大事な心を忘れかけてる人には山登りおすすめします。

おれも最近考え事が多いので少しはリフレッシュできたなぁ。

さて次はどこに行こうかなぁ〜〜〜。

昨日撮った中で一番好きな写真














www.flickr.com
HIGHLIFEstyle's items Go to HIGHLIFEstyle's photostream
Instagram